So-net無料ブログ作成

訃報って、何か受け入れがたいものがありますね [アニメ]

本日、ショッキングなニュースが飛び込んできました。

声優・水谷優子さん 乳がんで死去

心の中の第一声は「え、嘘でしょ??」。
まず、闘病中という事すら知りませんでした。というか・・・Twitterを覗いてみると、同業者&共演者すら病気を知らなかったようです。本人や家族の意向があったと予想されますが、あまりにも唐突に突き付けられた事実を受け入れられない自分が居ます。でも、現実なんですよね。残念でなりません。

水谷優子さんというと、最初に声を聴いたのがZガンダム。デビュー作だったそうです。当時、自分はまだ小さかったんで声優さんに対する認識はあまりありませんでした。ただ、サラ・ザビアロフの声はちゃんと覚えてます。

自分にとって水谷さんを意識して見ていた最初の作品は「天空戦記シュラト」のラクシュ。可愛さと可憐さを表現したキャラでした。今でいうところの「アニメ声」的な感じは好き嫌いが分かれそうですけど、個人的にはなかなか良かったと思ってます。ちなみにこの作品のキャストは超豪華なので、興味のある方は後でググッてみて下さい。

逆にトーンをガラッと変えて演じたのが、今や国民的アニメとなった「ちびまる子ちゃん」のまる子のお姉さん。お姉さんと言ってもまだ子供・・・なんですが、実際聞いてみるとかなり大人びた声。でも、あの声こそがお姉さんですよね。まぁ、元々「アニメ声の萌えキャラ(ピノコ辺りもコレ)」っぽいのから「色香漂うお姉さん」役まで幅広くこなしていた方ですから、違和感自体は薄かったんですが。

他にも「赤い光弾ジリオン」のアップル、「天地無用!」の美星、「機動新世紀ガンダムX」のカリス・ノーティラス、「マシンロボ クロノスの大逆襲」のレイナ・ストール・・・などなど、ご活躍を多数見てきた身としてはショックです。

個人的に一番残念なのは

エクセレン・ブロウニング

スーパーロボット大戦OG」シリーズでお馴染みのキャラであるエクセレン・ブロウニングの新規ヴォイスが聴けなくなった事。アニメの続編を期待してたのになぁ。ゲームは過去作の収録分があるため何とかなるでしょうけど。ただ、エクセレンのキャラを考えると、非戦闘時のキョウスケ・ナンブ(声は森川智之さん)との掛け合いや他のキャラとの絡みをもっと見たかった・・・と思っちゃいます。

お嫁様の出産予定直後のため、時間が無いからプレイ出来ないんじゃ?と購入をためらっていた「スーパーロボット大戦OG ムーンデュエラーズ」を予約しました。モチロン、初回限定生産版です。付属のスペシャルコンテンツブルーレイディスクにはイラスト付きドラマCD「ピクチャードラマ」というモノが収録されていて、当然のようにエクセレンも登場します。買うしか選択肢は無いですよ。

水谷さん、今までありがとうございました。安らかにお休み下さい。 

ロフ!ロフなんでしょ!?返事をして!

第4次SかF(完結編かな)でしたっけ。セティのセリフ(本名忘れた)ですよね。スパロボには欠かせない声優さんでした。何度も言いますけど、残念でなりません。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。