So-net無料ブログ作成

ワイヤレスホリパッド3を"修理"してみる [ゲーム]

純正とホリパッド

去年の10月に購入してからバイオハザード6を中心に大活躍している「充電式ワイヤレスホリパッド3」。振動機能無しというハンデを補って余りある使いやすさ&大きさが気に入ってます。しかし最近

アナログスティックが微妙に左寄り

左側のアナログスティックがほんの少しだけ左に倒れる「癖」が付いてしまいました。画面見て「へ?」と思われる方もいらっしゃると予想できるくらい微々たるもの。ですが、これだけでバイオではキャラが常に左側へ歩いて行ってしまうんですよ…。

「逆側へ癖を付ければ直るのでは?」という安易な考えから、輪ゴムで右側へグッと引っ張ったまま放置とかやってみました。しかし効果無し(*_*;
純正を修理してまた使うか、それとも買い換えるか…。その結果「買い換えるつもりなら、DIYで修理してみよう」という結論に達しました。

特殊精密ドライバー(Y型)

ワイヤレスホリパッド3を分解する際、Y型の特殊ドライバーが必要と判明。近くのホームセンターで購入しました。

ワイヤレスホリパッド3を「開ける」

中はこんな感じ。一番手前にバッテリー、すぐ下の緑の基盤がアナログスティックのモノです。振動機能とか付いてないせいか、結構"スカスカ"なんですね。軽さの理由が分かりました。

基盤が取れない

全ての基盤を外したかったんですけど、基盤中央部にあるビスを取るためには線を切ってアナログスティック側の基盤を外さないとドライバーが入らないため中止。とりあえず、曲がっている線を伸ばせばスティック部はいじれるので無理に外さなくても良いです。

スティックは基盤に取り付けられている操作部に刺さっているだけ。取り外せます。で、具体的な修理方法は…実は全くプラン無し(゜_゜;) 右に弱めに押し付け、左右のスティックを入れ替えただけで終了しました。ん?分解の必要なくね??w

いじった後のホリパッド

多少は良くなった気がします。ところが、コレで早速バイオやってみたところ…やはり左へ引っ張られるキャラ(-_-;)
前よりか発生頻度は減りました。でも…完治してません。やはり純正に戻ろうかなぁ。Amazonでボタンとかの交換キット売ってるし・・・。

あー勿体無い!

今月は出費が多いので、来月まで我慢しようと思います。思うようにはいかないもんですな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。