So-net無料ブログ作成
検索選択

差 [NBA]

NBA Finals ロゴ

GAME2を終えてウォリアーズ2連勝。正直言うと「予想通り」です。

キャブスがビッグ3健在のままファイナルを迎えたとしても、ウォリアーズ有利は揺るがないだろうと思ってました。しかし、ココまで差がつく内容になるという事までは考えが及ばなかった・・・。「スターターの安定度」「ベンチメンバーの力」「戦術の徹底」等々、どこを取ってもウォリアーズを超える材料をキャブスは持っていないように見受けられます。

結局、キャブスはレブロンジェームズだけが引っ張るチームになっちゃってるんですよね。ケビン・ラブやカイリー・アービングに目立った活躍が無く、更にラブは脳震盪で今後の出場が不透明という"弱り目に祟り目"状態。「ビッグ3」と言われている3人ですが、「ただオールスターレベルの選手が3人集まった"だけ"」になってしまっています。

ココで、他にビッグ3と呼ばれた選手達を思い出してみると


○ティム・ダンカン、エマニュエル・ジノビリ、トニー・パーカー(サンアントニオ・スパーズ)

もはや説明不要の3人でしょう。NBAチャンピオンに4度輝いた歴史に残るトリオです。名称グレッグ・ポポビッチの下、お互いを理解し、そしてお互いを活かしてきた彼ら。1つの理想形だと勝手に思ってます。

○ケビン・ガーネット、ポール・ピアース、レイ・アレン(ボストン・セルティックス)

チャンピオンを取るために集まった3人は、"個"を抑えてチームに自分を捧げる事でケミストリーを形成。1つの成功例となりました。マイナス点を挙げるとすれば、既にベテランだった彼らを中心とした"王朝"を作るのが困難だった事ですかね。


敢えて「レブロン・ジェームズ、ドゥエイン・ウェイド、クリス・ボッシュ(マイアミ・ヒート)」の3キングスは入れてません。一応チャンピオンにはなってますけど、上記の2例とは異なり今のキャブスに近い印象を受けるからです。乱暴に言えば「個の力で押し切った」感じがするんですよね。チームじゃないんですよ。

2シーズン連続でファイナル敗退となると、キャブス大粛清が行われる可能性大です。「HC解任」「ビッグ3解体」なんかが起こっても驚きません。レブロンにはキャブスでチャンピオンになって欲しい気持ちはあります。しかし、現状を見る限りではかなり難しいように感じます。まだファイナル終わってませんけど、何かウォリアーズ連覇で終わる以外のシナリオが思いつきません。チーム力の差がデカ過ぎますもん。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。